広告と「薬事法」

広告と「薬事法」 「化粧品」に対して行う広告は「薬事法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)」によって大幅に制限がなされており、その制限内の表現を使った広告以外は認められません。また広告である以上、「景品表示法」や「特定商取引法」も関係してくるため、これらを考慮した上での広告作成が必要となります。

化粧品は、人の身体を清潔、美化する、皮膚や毛髪を健やかに保つために使用されることが目的とされている製品のこと。効き目の強い成分は含んでいないため、効果・作用は医薬品などにくらべて緩やかなものが多くなっています。そのため化粧品ではその効果を過度に強調した広告は制限されており、「病気の名前」「治る」などの言葉を使う広告はできなくなっているのです。例えば「アトピー予防に効果あり」「ニキビがなくなります」といった表現はNGです。

こうした化粧品の広告として表現可能な効果範囲については、厚生労働省によって通知されています。その中では「頭皮、毛髪を清浄する」「肌を滑らかにする」等、具体的に表現が指定されており、これ以外の効果に対して言及したものは薬事法に反することとなるため、注意が必要です。

安全な化粧品の探し方

安全な化粧品の探し方 化粧品は安全なものを選びたいという人が多いのではないでしょうか。肌につけて美容の向上を目指す化粧品は、危険な成分が入っている物や自分に合わない物を選んでしまうとかぶれや湿疹などの肌トラブルが起こる可能性があります。
そこで安全に使える化粧品を探すためには、まず合成着色料や合成香料、エタノールといった肌に刺激を与えやすい成分が入っていない物を選ぶのがおすすめです。それから、植物由来の成分を配合しているといううたい文句があると安心して使えるようなイメージを持ってしまいますが、アレルギー体質の人にとってはアレルギーを引き起こす成分が入っているかもしれないため、充分に配合されている成分の内容をチェックすることが必要です。
最後に安全性を重視して選びたいなら、メーカーが開発した新しい成分が入っている新製品よりも、長年多くの人に使われてきて特に問題が報告されていない化粧品を選ぶ方が良いでしょう。新しい成分が入っていると高い美容効果が得られそうな気がしますが、まだ多くの人が使っていない場合、後で思わぬトラブルが発見される危険性もあるので、長く販売されている製品を選ぶ方が安心出来ます。