古くなった化粧品はどういう状態になる?

古くなった化粧品はどういう状態になる? 食べ物には、賞味期限や消費期限が設定されています。
かなり気にする人もいればあまり気にしない人もいますが、期限が切れた物は食べないほうがよいのはいうまでもありません。
そして、実は化粧品にも使用期限があります。
古くなった化粧品は、肌をキレイにするどころか、トラブルを生じさせるおそれすらあります。
具体的には、以下のような状態になっています。
「酸化が進んでいる」。
開封した時から、酸化は進みます。
「肌との密着性を向上させる」「保湿性を向上させる」といった目的から、油分が多く配合されていますが、これは空気に触れると酸化するという性質があるからです。
そして、「過酸化脂質」という物質に変わり、炎症や色素沈着の原因になりえます。
「雑菌が増える」 開封した時点で、菌が侵入しやすくなります。
肌表面の常在菌が、指などを伝って中に入り、そこで増えてしまうこともあります。
常在菌自体は悪い物ではないのですが、中で増えてしまった時点で、それは雑菌になってしまいます。

劣化した化粧品が招く肌トラブルの怖さ

劣化した化粧品が招く肌トラブルの怖さ 化粧品には肌に密着し潤いを与えるために多くの油分が含まれているのですが、一度開封した途端にそれらの油分の酸化が始まります。
さらに化粧水や乳液などのようなスキンケアアイテムだけでなくメイク用品なども肌に直接触れるブラシやパフ、そして手や指を介して細菌を増殖させてしまうことがあります。
見た目には全く分からなくてもこんな風に劣化したり雑菌の繁殖したものを使用することは肌にとても負担をかけることにつながります。
食べ物と同じように化粧品にも本来は使用期限があります。
たとえ未開封でも長年放置したものなどを使用することで肌に炎症が起きたり色素沈着の原因になることも考えられるし、菌の増殖したものを使えば時には皮膚の傷などに触れることで化膿してしまうなどの深刻な肌トラブルを起こしかねません。
そのため一度開封したものはもちろん注意が必要ですが未開封でも古くなってしまった化粧品は使わないようにすることが大切です。